水辺の楽校 手作り味噌と醤油 のざわ みそ蔵日記2009/6/25

Posted at 06/25 三代目の話 » トラックバック(0)»

水辺の楽校

この前の日曜日、昼から天気が良かったので荒川沿い、神林地区にある
水辺の楽校に子どもと行ってきました。
あるのは知っていましたが、行ったのは初めてです。

これ、すべて桜の木なんですよ。
桜の花が咲く季節ならもっときれいなんでしょうね。

水辺の楽校②

散歩してたら、小川がありました!
俺が子供の頃はなかったんですよ。
きっと新しく作ったんですね。
小さい子供も遊べるくらいの深さだったので、娘と一緒に探検。すると…

カワニナ

カワニナを発見。

この貝は蛍の幼虫のえさになることで有名です。
蛍を見られる場所が減っているので、この貝を増やしてもう一度蛍を見れるようにする
活動が全国各地で行われています。

ここも、俺が子供の頃はカワニナなんていませんでした。
きっと蛍を呼ぶためにふやしたんでしょうね。

10年くらい前は夜、蛍が部屋に入ってきたりもしたんですけどね。

今年の夏は見られるでしょうか。

8月になったら夜見に行ってみようかな。


こだわりの国産原料、北海道産の大豆トヨマサリを、代々受け継がれてきた醸造法で仕込んだ米糀みそ。極上の手作り味噌と醤油の老舗 のざわ

"水辺の楽校 手作り味噌と醤油 のざわ みそ蔵日記2009/6/25"へのトラックバック

トラックバック先URL

野沢食品工業

カウンター

みそ蔵日記に

加藤先生のブログ